「更新コンテンツツール」の使い方

ここでは、「更新コンテンツツール」の使い方についてご紹介します。

■このツールでできること

  • 競合他社にはないオリジナルコンテンツを簡単なSTEPで作ることができる
  • 記事のネタがなくなったときのアイディアが生まれる

 

1.ログイン後、更新コンテンツを作るをクリック

集客メイトにログイン後、左カラムの「更新コンテンツを作る」をクリックします。

koushin_1

 

2.(STEP1/5)記事を書くべき「テーマ」を見つける

以下のような画面が表示されます。SEO対策すべきだろうと思ったキーワードや、他社にはないオリジナルコンテンツとなるようなテーマなど、思いつく限りでかまいませんので、入力してみてください。

キーワード・テーマ選定のコツ

自社のWEBサイトに訪れるお客様にどんなキーワードで検索してやって来てほしいか?どんなコンテンツが自社WEBサイトに不足しているか?をイメージします。

SEO対策初心者の方は、まずは2語程度で入力してみてください。例)「渋谷 ランチ」

koushin_2

 

 

2.(STEP2/5)より自分が書きやすいと思ったテーマに絞る

適当に言葉を入力すると、下記のように1から50まで関連するキーワードが表示されます。その中でもより自分が記事を書きやすいと思った言葉、または、自社のサービスに1番近しい言葉を選びます。

例えばとにかく安さがウリのお店なら、「渋谷 ランチ 安い」を選択します。

koushin_3

 

 

2.(STEP3/5)記事の見出しとなるような言葉を選ぶ

「渋谷 ランチ 安い」を選ぶと、一緒に使うと効果的なキーワードが一覧に表示されます。この中から、「渋谷 ランチ 安い」の記事の見出しにふさわしい、関連度が高いキーワードを最大5つ選択します。

※チェックボックスにチェックを入れていきます。

koushin_5

 

 

3.(STEP4/5)記事の見出しとなるような言葉を選ぶ

今回は、ピザやワインを安く提供する、道玄坂にあるイタリアンを想定し、「渋谷区」「道玄坂」「ピザ」「ワイン」「イタリアン」を選択しました。すると、このような画面が表示されます。

1つの記事の中に全ての見出しを入れ込むとして、どのような順番がふさわしいかを考え、自由に並び替えてください。

koushin_6

 

 

3.(STEP5/5)選んだ言葉に合った文章をライティング

「文章の構成を決めたら記事を書き始める」ボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

koushin_7

 

キーワードを使って文章化する

まずはSTEP2で選んだテーマ「渋谷 ランチ 安い」というキーワードを使ったタイトル入力フォームが表示されます。

その下部には、STEP4で順番を決めた見出しが表示されます。各見出しを自然な文章にカスタマイズし、さらにその下部にそれぞれ文章を書いていきます。実際に記入した例がこちらです。

koushin_8

※こちらは例なので、文章は全て中略しています。文字数は多ければ多いほど望ましいです。

全て書き終わったら「ファイル保存」ボタン、作業時間がとれなくなってしまった場合は、「一時保存」ボタンを押してください。いずれも「.txt」ファイルで出力されますので、お好きな場所に保存し、いつでも修正することができます。

「全選択」ボタンを押すと、書いた文章が全て選択されますので、そのままコピーしてWordPressの投稿画面にペーストすることができます。